64歳以下の持病のない方の申し込み日程が細かく分かれました。

すでに、外来で日程の説明をかなりやってしまいましたが、こちらを参考にしてください。日々情報が変化するので、時々久喜市のホームページをご覧いただき把握してもらえるとありがたいです。

新型コロナウイルスワクチンについて:久喜市ホームページ (kuki.lg.jp)

日曜ワクチンはじめました

ワクチンの個別接種については、あらかじめ5月の初めから患者さんにはプリントを配って段取りを説明しておいたり、専用の色違いのファイル、ワクチンを6本ずつ作っておいておくトレーの準備、時間まで待っていてもらうのをわかりやすくするように時間を書いた養生テープを患者さんに貼らせていただくことなど、工夫を重ね、初日に臨みました。
初日はまだ人数が半分なので、途中からは余裕も生まれ、やっている間にも細かくバージョンアップし、よしばスーパースペシャル手順が出来上がりました。もちろんワクチンの取り扱いや注射は基本に則って、やってますよ〜

患者さん方もまくりやすい服装にしてくれていたり、人によっては終わった後長めに待っていただく方もいるのですが、”もともと30分て言われていたから暇潰しの本を持ってきた”などと準備バッチリの方もいらして、待合室も終始和やかな雰囲気でした。待機中に少しポーッとするという方が一人申し出られましたが、そちらの対応も聞き取りから診察までスムースに流れ、問題なく帰られました。

昨日の成果、自画自賛の95点です。マイナス5点は、前日の準備の後”明日は円陣を組んで始めよう!!”と意気込んでいたのに、私がすっかり忘れて、なし崩し的にスタートしてしまったことです。来週は必ずやりたいです。

 

 

当院スタッフ、全員コロナの抗体を獲得しました。

二回目のワクチンが終わって3週間。
満を持して、採血検査をしてみたところ、全員抗体がついていました。

0.8以上あればOKのところ、副反応がつらかった6名は全員999.99で振り切れるくらい抗体ができ、あまり副反応のなかった私ともう一人も700代まで抗体価が上がっていたので、ばっちりついたと言えるでしょう

また半年くらいしたところでどれくらい抗体が残っているか調べたいと思います。

集団接種、昨日も行ってきました。

昨日は午後1時から久喜市の毎日興行アリーナ(総合体育館)で、コロナワクチンの接種を行ってきました。4名の医師の中で昨日は責任医師ということで、少し緊張して臨みましたが、具合が悪くなった方は誰もおらず無事午後の部400名超の方へ接種を終えてきました。流石に人生の先輩方は動じてないですね!!”緊張してますか?”と聞くと、ほとんどの人が”全然だよ〜”と淡々としていました。

電話をかけても繋がらなくて、なかなか予約が入らずイライラされた人も多いかと思います。言い訳になってしまいますが、現場で働いている人たちはみんなすごく頑張っています。市のワクチン担当の方は毎日帰ってくるのが12時過ぎだと、その家族の方にお聞きしました。過労が心配です。心にゆとりを持って優しい目で見てもらえるとありがたいです。それから先日のブログで、当院スタッフの出動日をお知らせしましたが。。。すみません!!あまりそれに拘らず、取れる日程で予約していただければと思います。特に電話は話が長引くと次の方に繋がりにくくなるので、できるだけスムースに話を進めてもらえると助かります。

ワクチン希望者が想定よりぐんと多いようで、集団接種6月終わりから7月にかけてさらに追加で4回協力することになりました。
振り返れば2月ごろ、コロナワクチンってこんなものだよ、出来たら打とうね!という案内を外来で伝え始め、その頃はまだ多くの方が、怖いからどうしようかと思っている、というくらいの反応でした。今となってはほとんどの人が早く打ちたいと希望してくれるようになっています。6月いよいよ接種の佳境に入っていきますが、私自身も気持ちが焦る中、今は一世一代の仕事だと思って精一杯頑張ろうと思います。大きなトラブルなく任務完了することを願っています。

 

埼玉県でも大規模接種会場の申し込みが始まっています

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0710/covid-19/koreisha_center.html

上記は埼玉県の大規模接種会場の案内です。高齢者ワクチン接種センターとなっています。インターネットで24時間申し込めます。最寄駅は北浦和で、西口からシャトルバスが出ているそうです。遠くまで行くのをいとわない方は見てみてください。

なお久喜市でも申し込んでいるいわゆる二重予約の方は、キャンセルをお忘れなく。

集団接種への出動日と、個別接種受付の開始日について

よしば診療所も集団接種に協力しています。
私が出動するのは、5月20日(木)済、5月29日(土)午後、6月10日(木)午前、6月12日(土)午後、7月3日(土)午後、以上は久喜地区の毎日興行アリーナ(総合体育館)です。7月8日(木)午前、この日のみ鷲宮の保健センターに行きます。
看護師さんが出動するのは、少しずれていて5月29日(土)午後、6月12日(土)午後、6月24日(土)午後、7月3日(土)午後、以上は久喜地区の毎日興行アリーナ(総合体育館)です。7月8日(木)午前、この日のみ鷲宮の保健センターに行きます。
かかりつけの方には、私たちがいるほうが安心かなと思うので :-) お知らせしておきますね。とはいっても、今は枠を取るのが精一杯で日にち指定までは難しそうですね。

個別接種のほうは、6月1日から受付となります。お間違えのないように言っておきますが、個別接種であっても予約の申し込みは久喜市です。こちらでは予約は取れませんので、コロナワクチン専用ダイヤル22-5670へのお電話か久喜市のホームページからインターネットで申し込んでください。
当院でのワクチン接種開始は6月20日(日)からになります。
ウイークデーの一日あたりの申し込み枠は午前6名午後12名で始めます。4週間目以降は二回目の接種が始まりますので、実施数は午前12名、午後24名と倍になりますが、新規申し込み枠自体は午前6名、午後12名のままとなります。一週間で78名ずつワクチンを始められますが、接種後の待機場所の制約からウイークデーはこのくらいが限界で、接種人数があまり増やせません。そこで日曜日もワクチン接種を行うこととしました。快く出勤を承諾してくれるスタッフに感謝ですね。毎週66名(4週目以降の実施数は132名)ずつ増やすことができました。合計で週に144名ずつ1回目の方をお受けできる計算になり、だいぶ戦力になるかなと思います。

私たちもこれだけ頑張るつもりですが、試算してもワクチン完了はだいぶ先になると思います。ワクチンそのものがなくなってしまうということではなく、今後はマンパワーが問題だと思います。ここ1年半近くワクチンという武器なしで戦えてきていますので、気持ちに余裕を持ち、空きを待っていてくれるとありがたいです。

スタッフ無事全員ワクチン接種を終了しました!

今週水曜六名、木曜二名で二回目のワクチンがすみました。

やはり一度目よりは副反応が出る人が多かったです。
ほぼ何ともなかったのは私ともう一人だけ、二人とも50代です。
あとの六名は倦怠感、37℃後半の発熱、頭痛などが出て翌日はそこそこにつらかったようです。幸い多くのスタッフが接種翌日は休診日で仕事はお休みでしたので、診療には大きな支障はありませんでした。

副反応が出るタイミングで意外だったのは、50代の二名は翌朝までは元気だったのに、翌日午後から熱が出てきていました。40代の若いメンバーより副反応が出たのが遅かったって言えるかな。体調悪化した六名のうち二名は下痢もでました。

念のため、あらかじめカロナール(アセトアミノフェン)を渡しておいたので、つらかった人は適宜使ってくれたそうです。土曜日の時点でみんな元気になりました。

今度は6月の中旬くらいで、みんなに抗体がついてきたかレポートしますね。

 

久喜市のコロナワクチンの予定(5/9公表)

久喜市のワクチン接種スケジュールが公表されました。
今は85歳以上の方にのみ接種券が送られてきていますが、それ以下の年齢の方についての予定や、集団接種会場での接種開催日が書かれています。

新型コロナウイルスワクチン接種事業に係るスケジュールについて:久喜市ホームページ (kuki.lg.jp)

かかりつけの方には、受診していただいた日に順次プリントを渡して説明していきますので、ご質問があれば遠慮なく聞いてくださいね。

 

よしばスタッフ一同、おとといコロナワクチン一回目の接種をしてきました。

先日ちょっとお書きした通り、28日の昼休みに土屋小児科さんまで、コロナワクチンを接種しに行きました。休みの前日にしてもらったので、少し調子が悪くなっても体を休めることができました。

8名のスタッフ一回目の感想と体調。
★総じて注射時は痛くない。例年インフルエンザもやっていますが、薬が沁みないので、筋注ということで痛いのかな~と思ってましたが、思ったより全然痛くなかったです。ただし一人だけかなり痛かったという人がいました。
★そのあとの腫れはこの2日間誰も全然ないです。
★筋肉痛(腕を上げると違和感)は一人以外は出て、その日の夜が一番強く、翌々日の朝まで痛い人が一人。
★熱が出た人は誰もいなくて、翌日午前中までだるかった人が二人。
みんな想定内の症状で思ったより軽かったので、今日も元気に仕事します!
二回目もまたレポートしますね。次は19.20日で接種の予定です。

久喜市もいよいよ85歳以上の方から接種券が送付されています

接種が遅れているコロナワクチンですが、我々よしば診療所のスタッフは、明日なんとか一回目の接種を受けられることになりました。土屋小児病院さんで接種するので、お昼休みに行ってきます!!みんな少しドキドキしているようです。

そしてこちらが接種する立場としては、21日に集団接種の段取り説明会に行ってきました。医師、看護師、薬剤師、消防士が集まり、会場の体育館の中で説明を受けましたが、いよいよ始まるんだなあと気持ちが引き締まる感じです。

久喜市の具体的なスケジュールですが、冒頭の梅田市長のお話では

4月26日に85歳以上の約7000名の対象者に対して、接種券を送付する(した)そうです。同日約500名分の高齢者用のワクチンが久喜市に入荷します。
5月10日から該当者の予約が開始となるそうです。
5月16日から久喜市の総合体育館(毎日興行アリーナ)での集団接種が始まります。よしば診療所のスタッフ(黒巣+看護師さん1~2名)が当番で行くのは5月20日、29日、6月10日、12日、7月3日となります。
※4月30日に再度説明会があり、よしば診療所でもできるようになるのは、6月20日以降とわかりました。当院での接種も久喜市に予約を入れるようにしてください。予約の枠が空いていれば、接種券+予診票を持ってきてくれている患者さんには当日でも接種できるかもしれないので、希望の方は念のため毎回お持ちいただくことをお勧めします。

ワクチンの話をすると、待ってもいいのでかかりつけで打ちたいとおっしゃる方もいるので、”早く打てるのを優先するか、近くで緊張せずできることを優先するか、流行の状況も見て判断してください”とお伝えしています。

ワクチンをしに行くときに、忘れないでもっていってほしいものは
1.接種券、2.予診票、3.保険証、4.お薬手帳です。

また当院では現在65歳以上のかかりつけの方に、予診票を書くときに必要な情報(ワクチンを打っていいかどうか、ポイントになる薬を使っているかどうか)を記したA5サイズのプリントを作り、お渡ししていますので、同封されている予診票を書くときに、また会場までそのプリントも持って行っていただけるとスムースに流れると思います。
また、接種は普段の皮下注射より上、肩により近い部分になりますので、まくりやすいように、あるいは脱ぎやすいように衣類の工夫をお願いします。